外部フィルター関連

テトラバリューエックスパワーフィルターの種類や特徴。選び方は?

更新日:

 

テトラバリューエックスパワーフィルターの種類や特徴。選び方は?
種類は75・90の2種類。
使い方や特徴を紹介します。

 

テトラプレミアムバリューエックスパワーフィルターとは外部フィルターのことです。

外部フィルターにもたくさんの種類がありますが、テトラプレミアムバリューエックスパワーフィルターに焦点をあてて紹介したいと思います。

特徴もテトラならではの工夫が施されていたりします。

今回は
テトラ
種類
使い方

この3つのキーワードでまとめます。



テトラプレミアムバリューエックスパワーフィルターとは

外部フィルターのテトラプレミアムバリューエックスパワーフィルターはテトラ社が製造・販売している外部フィルターです。

まずはその特徴を見ていきたいと思います。

テトラ外部フィルターの特徴:シンプル設計・シンプルという価値

ろ過効率を最重要視し、重要な機能を最低限にというコンセプトがあり、さらに役立つ機能をプラスしたのがプレミアムシリーズです。

テトラ外部フィルターの特徴:5種類のろ材でろ過効果アップ

ろ材構成を見直すことでアンモニア減少のためのろ材やセラミックスもろ材として追加されました。

物理ろ過・生物ろ過・科学ろ過を5つのろ材で行うことでろ材効果が最大限にろ過効果を高めて、立ち上げ当初から長期間にわたって水質を安定させることができるようです。

テトラ外部フィルターの特徴:イージーメンテナンス

ダブルタップはなく本体に接続されたホースアダプターユニットを外すだけで、給排水ホースの着脱ができます。
取り外し時にはホースのロックもできるため、水漏れの心配もほとんどないようです。

テトラ外部フィルターの特徴:パーツの強化

厳選した原料を利用して耐久性にも優れた構造としてあります。
シリコン製Oリングの採用もあり、水漏れの心配もさらに少なくなったようです。

テトラプレミアムバリューエックスパワーフィルターの種類と選び方

テトラオートパワーフィルターにはAX-45Plus・VAX-30・VAX-60の3種類があります。それぞれに適合水槽サイズなどが異なります。下記の表で紹介したいと思います。

機種名 プレミアム75 プレミアム90
適合水槽 60~90㎝水槽 90~120㎝水槽

テトラバリューエックスパワーフィルター適合表

機種名 プレミアム75 プレミアム90
適合水槽 38~75㎝水槽 60~90㎝水槽

テトラプレミアムバリューエックスパワーフィルターの適合機種としてはこのように推奨されています。

適合水量などは上記のとおりですが、生体の数やエサ・水換えの頻度などで変わってくるので過密水槽や水替えの頻度が少ない場合は大き目のものを選ぶといいでしょう。

使い方:テトラプレミアムバリューエックスパワーフィルターおすすめの使い方

適合水槽での使用

当然のことではありますが、上記の適合表のように水槽に合わせたパワーフィルターを選んで使用することがおすすめできます。

設置場所が確保できる場合

強力なろ過機能がありますが、どうしても設置場所が必要となります。水槽台があったり設置場所を確保できるかを確認してから購入・使用するようにしましょう。



テトラプレミアムバリューエックスパワーフィルターまとめ

テトラ社の外部フィルターにはこのような特徴などがありました。特徴を踏まえたうえで外部フィルターを選んでみましょう。

あらためて再確認しておきましょう。

水量・水槽サイズに合わせて機種は75・90の2種類。

バリューシリーズの上位機種でさらに使いやすく・便利に。呼び水不要。

ホースアダプターユニットにより、外部フィルターメンテナンス時の煩わしい水漏れを抑えます。

2つのブログランキングにも参加しています。よろしければ下記アイコンをクリックしてもらえるとブログランキングが上がる貴重なクリックになります。記事が役に立つ・気に入ってもらえましたらご協力お願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログへ







アクアリウム・熱帯魚がすきだから サイトトップへ

-外部フィルター関連

Copyright© アクアリウム・熱帯魚が好きだから【mega -aquarium】 , 2019 All Rights Reserved.