アクア用品総合

アクアリウムでおすすめソイルはこれ!ソイルの種類と選び方

更新日:

アクアリウム・水草水槽にはとくに欠かせないソイル!
ソイルといってもいろんな種類があります。
おすすめソイルやソイルの特徴を紹介します。

アクアリウムで使用される底床材の主なものの一つに“ソイル”があります。ソイルといってもいろんな種類があって、とくに初心者の方はどれを選べばいいのか分かりにくかったりするものです。
おすすめソイルからソイルの種類や特徴など、できるだけわかりやすく、選びやすいようにソイルを紹介したいと思います。




 
 

アクアリウムのソイルの基本!ソイルとは

アクアリウムで言うソイルとは土を丸く固めたものを言いますが、ただただそこら辺の土をギュッと焼き固めたものではありません。

アクアリウムで利用されるソイルには水草育成に適した肥料が含まれています。また、水質(ph)を一定に保てるように調整剤も含まれています。

ソイルの粒の大きさも様々ですが、わざわざ焼き固められているのは粉状態だと簡単に土が舞い上がってしまって水を濁らせてしまうからです。また、粒であることで粒同士の隙間ができて通水性を作ることができて濾過バクテリアが繁殖しやすい環境を作ります。

つまりソイルとは水草を育成させるために焼き固められた土のことで、濾過バクテリアも繁殖しやすいように考えて作られた、まさに水草アクアリウム用に作られたものだと言えるでしょう。

ソイルの特徴について

ソイルの特徴をメリットとデメリットから説明します。

ソイルのメリットについて

すでに前述した所もありますが、ソイルには水草育成に必要な養分が含まれているので水草育成を簡単に確実に行いたい場合には底床にソイルを選ぶことをお勧めします。水草レイアウトコンテストの作品ではおそらくソイルを使用したものばかりだったような印象です。

ソイルは肥料を蓄えていてそれが少しずつ水中に溶け出して水草の栄養となりますが、多孔質でありコケが発生する原因となる物質を吸着してコケの発生を予防してくれるものもあります。もちろん濾過バクテリアも定着することができるので飼育水をきれいにする効果も期待できます。

また、phのコントロールにより多くの水草が好む“軟水・弱酸性”に水質を傾けてくれる作用もあります。

ソイルのデメリットについて

ソイルにもデメリットがあります。栄養が初めから含まれているからこそ栄養が溶け出して水に栄養が豊富になってコケの発生の原因となります。とくに立ち上げたばかりの水槽では栄養が多く放出されるので集中的な水換えが必要となることもあります。

また、ソイルは焼き固めてあるものの1年も使い続けていればどうしても形が崩れて泥状化して来ます。また栄養が全て出てしまうと当然それ以上は栄養を出すことが無いので“ただの栄養の無い土”になってしまうのです。そのためソイルを使用して数か月後には固形肥料の追肥が必要になったり、ソイルの全交換のためにリセットをしなければならなくなります。泥状化してしまうと通水性が悪くなって嫌気性菌が発生して生体に悪影響を及ぼすことも考えられます。

ソイルの種類を解説

ソイルにもいろんな種類がありますが、いろんな分類をする事ができます。ソイルの種類について解説していきます。

ソイルの種類:栄養系か吸着系

まずはソイルを栄養が豊富な栄養系とアンモニアなど有害な物質、カルシウムやマグネシウムなどの栄養を吸着する吸着系とに分けて紹介します。基本的にはどんなソイルでも栄養を含んでいますし、有害物質を吸着する能力があります。そのなかでも栄養に優れているタイプと吸着に優れているタイプがあります。

栄養系もずっと栄養を出し続ける訳ではなくやはり限界があります。そして吸着するほうでも吸着の限界というものがあります。

栄養系のソイルだとすでに栄養を豊富に吸着しているので、新たに別のものを吸着する能力は低いのです。しかし吸着系ソイルだとはじめに吸着している栄養が少ない分、色んな物を吸着する能力にすぐれています。

このような特徴があるので、ソイル慣れしている人は栄養系と吸着系のソイルを自分なりの割合で合わせて使用することも当然のように行われています。
 
 
【中古車のガリバー】スマホで中古車購入
 
 

粒の大きさによる種類:ノーマルかパウダーか

大磯砂利などと同じようにソイルにも粒のサイズがあります。一般的な粒の大きめのソイル(ノーマル)と細かい粒のタイプ(パウダー)の2種類です。最近は種類は少ないですが、さらに粒の大きなラージというものもあります。パウダーには"パウダー"と"スーパーパウダー"があります。
ノーマルが3.0~4.0mm、パウダーは1.6~3.0mm、スーパーパウダーは0.6~1.6mm程度のサイズのようですが、各社で多少違いがあるとは思います。

ノーマルタイプは粒が大きいので粒同士の隙間ができやすく通水性に優れていますが、隙間が広いので細かい水草だと抜けやすかったりする特徴があります。一方でパウダータイプは粒が細かい為通水性は悪くなりますが細かい水草でもしっかりとキャッチする事ができて、とくに前景草など抜けやすい水草でも抜けにくくしてくれます。

ラージはさらに粒が大きいため粒同士の隙間ができやすく通水性がより優れておりろ過バクテリアの繁殖に向いています。

パウダータイプは小粒で作る手間がかかるのか、ノーマルタイプよりも高価です。そう言った事もあってかソイルのメインはノーマルタイプで、その上にパウダータイプのソイルを広げるアクアリストがほとんどです。

パウダータイプは粒が細かいので見た目もノーマルよりも良いこともあります。そう言った事もあってパウダーをノーマルの上に敷き詰める事もあるようです。

おすすめソイル・代表的なソイルを紹介

ソイルにいろんな種類があることを解説してきましたが、それぞれの種類のソイルもいろんな企業で製造されています。どれもそれぞれに良い特徴や独自の栄養分の配合をしているので"これがベスト"というものはありませんが、アクアリストでよく使われている・よく耳にするソイルを紹介したいと思います。

吸着系ソイルのおすすめ"マスターソイル・プラチナソイル"

マスターソイルは吸着系ソイルのなかでも比較的安価ですが、コスパに優れていることで好評で利用しているという声をよく聞きます。私が初めて水草水槽で使用したソイルもこれでしたが、吸着系だとかいう知識を持ってなかったのでこちらを選んでしまいました(;''∀'')

昔から販売されている種類のソイルでこの後に開発された吸着系ソイルもあるのですが、後発品が出た後も好んで利用する人が多いため現在でも販売が続いています。こういった面からも信頼性がたかい吸着系ソイルと言えるでしょう。

しかしそれでもグロッソやヘアーグラス、その他有茎草を育ていることは可能でした。このマスターソイルに限らず吸着系には多くの栄養分は含まれていないので長持ちはしません。やはり栄養系のソイルを組み合わせるか液肥を入れるなどの工夫は必要でしょう。

粒の大きさにはノーマル・パウダー・スーパーパウダーや、色もブラック・ブラウンなどの種類があるので好みの使い方ができます。

また、プラチナソイルはとくにアクアリストでも利用している人がおおく、通販サイトでも口コミがとくに多いソイルです。

私は使用したことがありませんが、ほかのソイルに比べてもやはり口コミも多いので人気が高いのがうかがえます。

プラチナソイルも粒の大きさにはノーマル・パウダー・スーパーパウダーや、色もブラック・ブラウンなどの種類があるので好みの使い方ができます。

栄養系ソイルのおすすめ"水草一番サンド"

栄養系ソイルではノーマル粒しかありませんが"水草一番サンド"がおすすめです。水草の育成に抜群の評価を得ており、リピーターが多いことからも信頼できることがわかります。

口コミの数が多いながらも栄養系ソイルでは高い評価・口コミが目立ちます。調査した時点では58件の口コミの中で"★5→46件"で"★4→12件"というすごいデータでした。この記事を読むタイミングではどうなっているかわかりませんが、下の画像から通販サイトにリンクできるので是非口コミ・評価を観てみてください。

これだけ評価がいいのにノーマルタイプしかないのがちょっと残念ですね。水草を抜けないようにしたいならどこかの会社のパウダータイプかスーパーパウダータイプと組み合わせるといいですね。

パウダータイプでおすすめ"プラチナソイル・マスターソイル"

ここでもマスターソイルが出てきてしまいました。これは口コミの数と★評価数が良いためどうしてもこれが来てしまいますね。前述したマスターソイルの特徴と同じで粒のサイズが違うというだけですね。口コミ数や評価などは下記商品リンクから確認してみてください。

こちらも茶色と黒の二色があります。

そしてもうひとつがプラチナソイルです。こちらも前述のソイルと被ってしまいました。やはり人気の商品は粒のサイズが違っても人気なのでしょうね!プラチナソイルの口コミや評価など、同様に下記からチェックできるので是非参考にしてください。

プラチナソイルも黒と茶の二色があるので好みのものを選ぶといいでしょう。
 
 
アットコンタクト
 
 

水草水槽でのソイルのおすすめの敷き方

ソイルに含まれる栄養成分は溶け出していずれはかなり薄くなり液肥・追肥が必要となります。栄養系ソイルを大量に入れてコケのリスクを高くするよりは吸着系ソイルで様子を見ていくほうがいいと個人的には思っています。

私がおすすめしたいソイルの敷き方としてはやはり複数のソイルを組み合わせることです。

まずはノーマルタイプの栄養系ソイルを敷いてその上にノーマルタイプの吸着系ですね。栄養系が最下層にあることで水槽内に栄養が露出する量が少なくなるのでコケのリスクを少しでも減らせるのではないかと考えています。

最上層にパウダーソイルを敷くと水草が抜けにくくなるのでとくに前景草部分には人気がありますがパウダータイプはちょっと割高になるので必要と判断するなら敷くといいでしょうね。私も予算に余裕があるならぜひパウダーを利用したいです!

パウダータイプはプラチナソイルかマスターソイルがいいですね。

具体的に商品名を出すなら最下層が水草一番サンド、中層~上層がマスタソイルかプラチナソイル。可能であれば最上層にマスターかプラチナのパウダーで水草が抜けるのを予防したいですね。

また、パウダーソイルを上層に敷くことで見た目がよくなるということでも人気ですね。まぁこの辺は好み・考え方・経験などからいろんな敷き方や組み合わせがあるとおもいます(^^♪
 
 
アウトドア&フィッシング ナチュラム
 
 
 



おわりに

アクアリウムのおすすめソイルについてまとめましたが、理解は深めることができたでしょうか。ここであらためておさらいをしておきましょう。

    • ● ソイルは栄養系(栄養多くて吸着は少ない)と吸着系(栄養少ないけど吸着多い)に分かれる。

 

    ● ソイルの粒のサイズはラージ・ノーマル・パウダー・スーパーパウダーの四種類。粒は大きければ大きいほどろ過バクテリアが繁殖しやすい。粒が小さければ小さいほど水草が抜けにくくなる。

ざっとこんなところです。ソイルを選ぶときはせめて吸着系か栄養系かはしっかり調べるようにしましょう(^^♪

最後まで読んでいただいてありがとうございます!(^^)!
少しでも役に立つ情報があったと思ってもらえたら、記事の最下からシェアしてもらえると幸いです。
シェアで多くの方に見てもらえることが励み・モチベーションアップになります(^_-)-☆

2つのブログランキングにも参加しています。よろしければ下記アイコンをクリックしてもらえるとブログランキングが上がる貴重なクリックになります。記事が役に立つ・気に入ってもらえましたらご協力お願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログへ






トップページへ

 

-アクア用品総合

Copyright© アクアリウム・熱帯魚が好きだから【mega -aquarium】 , 2019 All Rights Reserved.