その他

フィッシュレットの濾過の効果は?

更新日:

 

フィッシュレットにはセラミック濾材が。
濾過の効果はどのくらいあるのか。
効果について調べてみました。
フィッシュレットの濾過の効果について。

フィッシュレットの主な役割はフンやごみの回収です。しかし重りにするためなのかセラミック濾材が使用されています。

セラミックには濾過能力があるとされているが…フィッシュレットに入れられている濾材・セラミックの量はわずかです。効果はきちんとあるのでしょうか。

今回は
フィッシュレット
濾過
効果

この3つのキーワードから
フィッシュレットの濾過の効果についてまとめます。



フィッシュレットにはセラミックが使用されている

フィッシュレットは“アクア工房株式会社”が流通させています。アクア工房のHPでフィッシュレットについて調べてみました。すると意外にもフィッシュレット本体の商品紹介ではセラミックが使用されていることについては触れていませんでした。

ただし、フィッシュレット用の交換濾過フィルターの製品情報には“ハイパワーセラミックを使用”と書いてありました。間違いなく、フィッシュレットにはセラミック濾材が使用されているようですね。

セラミックってそもそもなんなの?

セラミックはアクアリウム以外でも利用されていますが、今回はアクアリウムのセラミックについて触れます。

セラミックとは何か。セラミックを簡単にいうと「土を焼き固めたもの」になります。

セラミックの特徴としては

  • 半永久的に使用できる
  • 多孔質でありバクテリアが繁殖しやすい

というようなものがあります。

濾過能力はどうなのかを考えてみた

濾過能力といってもセラミック濾材そのものに濾過能力はありません。濾過能力の優劣はろ過バクテリアがどのくらい繁殖できるかどのくらい活発に活動するかによるところでしょう。

そもそもフィッシュレットにはセラミック濾材が使用されていますがとにかく量が少ない。あれだけ量が少なければ「ないよりはあったほうがマシ」といったレベルでしょう。

つまりフィッシュレットに濾過を求めるのは無理難題といってもいいと考えています。

フィッシュレットの濾過効果は結局…あるの??

効果は…
あります!あるかないかで言えば、ろ材が入っている以上はわずかながらも濾過機能はあるというべきでしょう。

でもいいんです。フィッシュレットの主な効果はなんでしたか?「フンやごみを集めること」でしたね。今のところ、フィッシュレットよりもフンなどの回収能力が高いものはみたことも聞いたこともありません。

もともとフン回収の道具なのに濾過を過剰に求めるなということなのかもしれませんね。

フィッシュレットにセラミック濾材が使われていることを聞いて「おお!すごい!」と考えた人は私だけではないでしょう(^▽^;)
濾過機能もすごいのか!と…

しかし実際には「あれ?」って思ってしまうほど少量しかセラミックろ材は使用されていません。そこはフィッシュレットの本来の目的を考えて妥協するしかありません。

とはいえフィッシュレットは本当に優秀であり効果のあるアクアリウム用品だと考えています。私のアクアリウムはフィッシュレットがあるからこそ維持できているところがまちがいなくあります。

もし、アクアリウムで「フン」に悩んでいるのであればフィッシュレットをぜひ使ってみてください。

2つのブログランキングにも参加しています。よろしければ下記アイコンをクリックしてもらえるとブログランキングが上がる貴重なクリックになります。記事が役に立つ・気に入ってもらえましたらご協力お願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログへ






トップページへ

 

-その他

Copyright© アクアリウム・熱帯魚が好きだから【mega -aquarium】 , 2019 All Rights Reserved.